ライブあるある早く言いたい

私 パーフェクトヤングレディ(完璧な若い女性)は、バンド活動の真っ最中です。

二回 ライブやりました。その時思ったことを 寝れないので書きます。

 

最初、リハーサルをやりますよね、各バンド。あの時、ボーカルの私は、他のメンバーが機材?のしたく?してるときに 一体何をすれば良いのか分からない。

他のバンドの女の人は、こなれたようすで、発声練習みたいなのしてたけど、あのー、

素人なのに発声練習とかできないでしょまず!わかる?

私なんか素人じゃん。なのに、ステージ上で 「あいうえお〜⤴︎んまーんめーんみーんもーんむー」とか、できないでしょ(笑)いやできないできない恥ずかしい(笑)

んまーんめーんみーんもーんむー(笑)

結局マイクの前で突っ立っていました。

 

あとは、まーナチュラルに、ライブ終わった後のオッさんとの打ち上げが超絶つまらない。これはもう  悲しいほど苦痛

校庭のちっさい砂場でトンネル作ってる方が楽しい

 

 

でも結局私が みずからの意志で入バン(にゅうばん)したんだから、頑張れよ

頑張れよ…

 

2016年9月14日 水

朝方彼氏が帰ってきてゲボを吐きまくっていた。体がおかしくなっていた。

 

昼頃起きて、彼氏が携帯を下北の飲み屋に忘れたといって、ふたりで取りに行った。そんで散歩して、ゲーセンで人形をとってもらった。彼氏はそこからバイトに向かい、私は家に帰った。

夜になって彼氏のバイトが終わって、そっからガストにいった。

2016年9月13日 火

昼頃かれしとおきて私はバイトの面接。うかった。

 

夜彼氏が来るはずだったけど次の日の朝になった。夜暇だったので朝までともだちと電話してた。

おしゃべりなあいつにはだまってようよね

ほんっとに不眠症が悪化して、朝がくるまで目をぱっちりあげながらじっとしている。睡眠習慣はきちんとしてるタイプだったのに

 

元彼とラブラブだった頃、イエスママオーケーの砂のプリンって歌をよくきいてた。こういうねれない夜って    元彼のことばっかかんがえる。むだにかんがえる。

 

 

おなかいたい  妊娠したかも

 

気管つらい

だるい体が〜ねれん〜

カラオケで熱帯夜とサマージャム熱唱した記憶がある

 

きのう 彼氏との子供を産む夢を見た。それをみんなに言ったら引かれた。なんで?

 

夢の中で、わたしは周囲の人に産むことを止められた。親は泣いてた。でも、産んだら、めっっっさかわいい子で、まぁかわいいからいっか〜ってみんな言った。ほんとうにかわいい子だった。その子をわたしは育てた。じぶんの欲求なんか全部放り投げて、毎日一生懸命子育てをした。

 

 

起きたら母性があふれ出て隣にいた彼氏にチュッッした

残り香

部屋のものすべてに彼氏の匂いがうつった。

部屋に彼氏がいない時、ただひたすら時間が過ぎて欲しいと思うばかりなので、寝ている。さっき、夜8時にもう、耐えられなくなって、このまま朝まで寝よう とおもってねむったら、いま起きてしまった。4時間の昼寝をしただけだった。むしろ朝まで遠のいた…

 

 

 

つらい

だって僕ら MOON CHILDだから

f:id:MississippiRiv:20160819231522j:image

 

へやのモヨウがえをした。いままでよりも住みづらく、ダサくなった。モヨウがえのセンスがマジでない。

 

洗濯をした。洗濯をするのは意外と、嫌いじゃない。好きでもない。彼氏のゲボのついた服をぴかぴかに洗った。もうひどく酔っぱらいませんようにと念を込めた。きっと叶わない夢…。頼むから、健康のために、お酒を飲みすぎないでほしい。急性アルコール中毒をおこして死んじゃうかもしれないような飲み方をするから。この前、先輩が合宿でテキーラを一気したら泡を吹いて死にかけていたらしいので、いやその先輩が死のうが関係ないけれどやっぱり彼氏にはそうなって欲しくない。

 

8月ってすごい暑い。天気がよいので布団を干した。布団を干したら清々しい気持ちになった。でも布団叩きを持っていないので、パンパンしてない。干した意味があるのかはわかんない。だって一人暮らし初心者だから。でも、一人暮らしをしてよかったとおもった。めんどうなことも自分でしなくてはいけないから。みんなも一人暮らしをしよう。みんな、私の近所に住んでくれればいいのに…。

 

 

今日は友だちと会って、お互いの彼氏自慢を何時間もした。私の彼氏の方がいけてるとおもう。それは友だちも思ってるとおもう。ともかく、愛する人がいるってことはサイコーってこと。友だちのエッチの仕方も聞いた。変なのっておもった。でも、きっと本人はそれが楽しいんだとおもう。だって私だって 楽しく生きてるから。このままでいたいと僕は思うから。。。

 

 

 

上野から帰るとき、彼氏の元カノみたいなひとを電車で見かけた。元カノはサークルの先輩だから私もしっている。ショートカットで、歯がガチャガチャで、くっきり二重のタレ目をした、へらへらといつも笑っている、へんな女のひと。電車の中でそのひとは、彼氏と一緒に楽しそうに会話していた。彼氏の元カノは、不思議なひとだった。〝井上たけひこが描写しそうな障害者の女の子〟という表現が一番しっくりくる。明るくてへらへらしていて、いつも何を言ってんだかよくわからない、へんちくりんな、でも魅力的な女の子。お酒が好きだったらしい。

彼氏はそのひとのことを、すっごく好きだったんだって。いいな、とおもった。客観的に見て、理想的なカップルだとおもった。互いにヘラヘラしていてわけわかんないカップルだとおもった。わたしは、この彼氏とはつりあわないような、真面目な人間だとおもう。けれど、好きだから。好きだから一緒にいます!好きだから。   ドリー見たい。