読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中1


中1のとき技術で本棚を作る授業があった
じぶんで本棚の形とか決め、木をのこぎりで切ったり釘を打って、まわりに絵具でデザインを施してニスを塗って、完成

友達と一緒につくっていた  なかなか楽しかった   なにより、自分でデザインするというのが特別感があってわくわくした
わたしは教室内をうろうろして、他の人のデザインを見てまわった
先生が、ニスを塗ると滲んで汚くなるから黒の絵具は使っちゃいけないとさんざん言っていたのに、男子はふつうに黒いなにかを描いていた   
(かくいう私もヘッド博士のジャケットみたいにしようとおもってがっつり黒を使ったのだった、先生の脅しに反して思ったより滲まなくてよかった) 

わたしはふと 小学生のときからコンスタントにいじめられている、すごく太っていて顔が朝青龍に似ていると陰で言われているはるかさんの作品が目にとまった
全体を水色で塗っていて、そのうえにすきなアーティストの名前をカラフルな色で書いていた
遠目に一瞥すると、カスケード、とかかれていた
わたしはびっくりして、カスケード?とおもった  滝?滝のこと?カスケードというパンクバンドのこと?滝?
わたしは明るい友達のところへかけよった   ねえ聞いて、わたしの知っているバンドの名前を、はるかさんが本棚に書いているの、わたしは小さい声でひそひそ言った
友達は、なにそれ、って言って、わたしはとにかく、お願い聞いてきてと、友達に頼んだ
友達はふたつ返事で、はるかさんのほうへ向かった
ねー はるかさーん  そのカスケードってなに?
友達は聞いた   はるかさんはとても怯えた顔をしていた  またわたしいじめられるのかなと思ったにちがいない
はるかさんはすごい小さな口で、すきなバンドの名前… とつぶやいた   わたしは唾をゴクっと飲んだ

そう、はるかさんは滝がすきなわけではなくカスケードというパンクバンドが好きだったのだ
わたしははるかさんのところへ言って、わわわわ、わ、わたしもカスケードってバンドが好きで、で、うん、ね、って言った  わたしもはるかさんも怯えていた

そのときはそれでおわった
その後の授業、理科だった  理科教室へいくと、はるかさんがいつものように保健室に行こうとしていた
わたしははるかさんを呼び止めた 
カスケードのなかで何の歌が好き?って聞いた
はるかさんは、アザヤカナキセキ、って言った
わたしはアザヤカナキセキがその当時2番めに好きだったので
わたしもそう、といって2人で笑った

はるかさんはそのあともいじめられつづけたしはるかさんと話す機会ももうなかったけど、わたしははるかさんに「アザヤカナキセキ」が起こればいいなっておもった、いや、嘘、別になんとも思わなかった