読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウゥッ

まいにち忙しい。デートをしたり、よるにご飯を食べに行ったり。夜はあまりアパートでご飯を食べられない。これは、でも仕方がない。お金がない。ないのに古着に7000円使ったりわざわざ無印良品の石鹸を買ったりする。頭が悪い。
ちなみに、ほんとうに大学内では頭が悪い。
彼氏のことがだいすき。大好きすぎてどうしようもない。わたしのへやでゲボを吐いても、帰りたくないとだだをこねても、目玉焼きを作ろうとして油をこぼしても、彼のことすべてがだいすき。とにかくやさしくておだやかで、けれどだらしがない彼がだいすき。だらしがないひとはまじで嫌なんだけど、彼のだらしなさはどうしても許してしまう。朝は起きないし、聞くところによると、高校はほとんど行ってなくて留年しかけたらしい。あともうすこし「礼拝」の授業を休んでいたら、留年していたんだって。彼は愛されキャラなので友達も多かったらしいけれど、彼曰く、学校はつまらないから行きたくなかったらしい。友達いるならいけばいいのに〜。


とにかく私は私の部屋で彼と過ごす時間がだいすきだし、彼とどこかにお散歩する時間も好き。あと、学校の中でたまーーーに食堂などで会った時に「あ…」と言って手を振る瞬間も好き。きょうはパーティでお酒をのみながらふざけていろんな男女と乱痴気騒ぎしてしまったけれど、そんなときに彼から「気をつけて帰ってね」とラインが来ると、とたんに切なくなって愛おしくなって頭がキリッと冴える。しっかりしなくちゃとおもう。